2017年09月13日

[106] 想い出の記 / Eさんのこと ‘思えば遠くに来たもんだ’

夏期講習と夏期休暇
 8月といえば、予備校は夏期講習の最中ではあるが、夏期講習の期間の
大学の夏期休暇は、GHS卒生が代わる代わる訪問に来てくれる嬉しい時期でもある。

この春に、東海地方の私立医大に正規合格を果たしたEさんが訪ねてきてくれた。
昨年は幾つか一次合格にこぎつけたが、わずか届かなかったらしいが、
今年は「正規合格」である。これが昨今どれほどの難事で憧憬の的であるかは、
少しでも医学部受験にかかわった人ならよーくわかるはずである。
でも、よくわからないという人のために簡単にいっておくと、
たとえば、東大などは、合格者に正規だの補欠だのという区別はないものである。
合格すれば入学するのがふつうだからである。東大に入りたいから東大を受験するのだから。
ところが、医学部受験生は医学部に入りたいのであり、かつ
私立医大は一人が何校出願してもいいので、合格者は重複する。ある医大に合格しても、
他の合格した医大があれば、そちらに進学する可能性がある。
しかも、昨今は、国立医学部志望者が、少子化と時代趨勢と学費の値下げ合戦などが
相俟って参戦してくるから、国立医学部に行ってしまう人もいる。
いきおい、それを見込んで合格者を多めにだしたり、補欠合格者をだして繰り上げたりする。

だから、「正規合格した」というのは、そういう者達と肩を並べて遜色ない学力に達した、
ということになる。狭き門のさらに第一ゲートである。
だから周囲の受験生の反応も「すごい!!」となるのである。
しかしながら、いささか失礼ながら、EさんがGHSに来た時、正直なところ、
こんな未来が待っているとは想像できなかった。出発点は低いというより「無」であった。
そんなEさんへの想い出の記。


地方の一貫校のジレンマ
 Eさんは、甲信越地方の私立の中高一貫校を出てから、GHSにやってきた。
なんとしてでも医学部にいきたい!!という意気込みと意志は感じたが、
如何せん、受験勉強に入るための基礎学力自体がない。
ここから医学部とは・・・、長く、遥かに険しく、何の保証もない道だなぁ・・・
最初の数ヶ月のEさんの知識の希薄さをみるにつけ、暗澹たる思いになったものである。

内部進学ができる中高一貫校は、原則として受験指導をやろうとしないから、
授業は教科書レベルを出ず、その範囲をきちっと定期テストで点がとれているか、
教師も生徒もそういうモードになる。テストが終われば忘れてよい、
また次のテストだ、という近視眼的な、表面的な勉強が染み付いてしまう。

しかし、医学部入試は、高校課程の全範囲からどこがでるかわからない。
膨大ともいえる知識を頭に入れた上で、入試問題を限られた時間で解き切る必要がある。
中学入試や高校入試で、難関目指して、しっかりと勉強した経験があればまあましなのだが
地方では県立高校が優勢なこともあって、私立の一貫校に入るハードルは高くない。
中学課程の三年分さえ、きっちりと頭に入れることなく高校課程を迎えることになる。
もちろん、内部進学ならそれで問題ないが・・・・。

そんな環境で高校時代を過ごしたこともあり、Eさんは結果的に、
医学部入試の勉強を始めるための学力に達するまでに2年を要した。
英語、数学、生物、化学すべてをGHSで再履修すること、
いや、はじめてしっかりと応用に耐え得るような基礎をようやく学べたのである。
とても美しい字で、整然としたノートを何冊もつくってその試練に耐えた。

厳しい中学入試や高校入試をくぐらなかった分、全科目の全知識が入る頭になるのに一年、
それが実際に入って馴染むのに一年、つまり、まともな高卒学力を得るに2年かかるものである。
そうやってはじめて、自分が高校時代に何も学ばされてこなかったことを悟った。
曰く「中高一貫校になった初年度は、とにかくいい先生ばかりその学年に固めたんです。
   つまり、6年に一回だけいい先生グループにあたるけど、私はそのハズレの学年。
   今思うと、何一つ入試につながるレベルのことは教わっていなかった・・・・」
これで大きな岩壁を登りきったわけである、が・・・・。

これ以上勉強できない・・・
 2年目を費やしてここまできたEさんであったが、それはまだ、ただ高校課程をまともに
卒業したレベルにすぎない。学部を選ばなければどこでもいけるが、医学部になると、
ここから、入試のハイレベルに対応できる、偏りなき学力とスピードを身につけなければならない。
岩壁をのぼりきったとき、さらに大きな岩壁がそそり立っていることを入試で思い知らされ、
漏らした言葉「私、これ以上勉強できない・・・」
私がEさんから聞いたGHSでの最後の言葉だったように思う。
Eさんの出発点からして、医学部はどこも、高い高いハードルであったから、
これ以上は無理かな・・・・という感じさえ覚えた。

そこから一年後の昨春、Eさんからは音沙汰なく、
そこから、今年の合格に報に接するまで、さらに1年の月日が流れた。
この間は、基本的には予備校に通わず、一人で勉強していたと。
科目によっては個別指導を受けてはいたらしいが、基本的には、この2年の学びで、
「あとは自分でやるだけ。たくさんやって身につけるだけ。」ということが分かったのだ。

2年の雌伏の期間、GHSでの学びを身につけるべく、ひたすら実戦レベルの訓練をしていたのだ。

正直いって、「正規合格」は信じ難かった。そういう出発点であったことを知っていたから。
心底、嬉しかった。Eさんがもし、最初にGHSの門を叩かなければ、
高校課程の再履修がしっかりできないまま、小手先の暗記に終始し、伸び悩んでいたことだろう。
その出会いから、「正規合格」という歓喜までの4年間、その初心を貫く意志の堅牢さには
惜しみない賞賛をおくりたい。

だから、これを読んだ受験生には、ゆめゆめ「私もあとに続く!!」などと思わないでほしい。
受験生諸君を激励するためにこれを書いているわけではない。
ここまではできない、許されない、と思うなら、なるべく早く別の道を探すべき!!と訴えているのだから。

これは実に大変なことなのだ。登りきった岩壁の先にそれより高い岩壁があったことに気づいた時の絶望感、
それは、登りきったものでないと味わえない。
そして、そもそもそこまで登れないで挫折する人の方が多いのであるから。
絶望感を受け止めて、そのさらなる岩壁をやっぱり登るしかないと腹を決めてけっして諦めない根性、
それが自らにあるかを真に問うてほしい。
その上でのやる気であれば、GHSの教育理念と独創メソッドは、君に「共鳴」する。
posted by Koujin Amano at 11:27| GHS卒生