2018年03月31日

[116] 体系化学・演習篇テキスト 完成&大リニューアル

漢文句法ドリルテキストの脱稿後に入れ込んだ事柄は、
通称「体系化学 Cement&Dril」という演習用テキストの完成である。
すでにどこかしこで述べたように、『体系化学』にある21+1回の演習問題は、
元々2倍の量があった。これを出版に当たって二分割し、半分をGHS内の授業で
演習用につかってきた。年々歳々、追加修正を重ねてきて、
整理統合の必要性を感じていた次第。

さて、『体系化学』の読者であれば常識であろうが、
化学は文科省的に「理論」・「無機」・「有機」に分かれるのではなく、
定量化学と定性化学に分けられるもの。有機・無機の各々に、
定量と定性の面があるわけである。
(これを受験生の俗には「計算問題」と「知識問題」と言ったりする)
その定量の方を主として、体系的な筋を通したのが『体系化学』の主コンセプトである。

すると、当然に2つのことが課題として上がることになる。
第一に、定性化学として、体系的な筋を通すとどうなるのか?
この点をここ数年の授業を通して問題のセレクトとその配列の妙を追究してきたわけである。
それは同時に、定性化学の体系的なフレームを形成することになった。
とはいえ、今回のテキストはあくまでも演習テキストであるので、
それをもとに語られない限りその姿はない。
・・・もっとも、参考書として書くつもりも暇もないが、しかし、
やっていく内に、解答・解説が高じて、文章データが膨れていくかもしれない。
そうやって『体系化学』も現れ出でたわけだから。

第二に、体系化学演習の問題集は、定量と定性をどうか扱うかである。
今回の演習編テキストは、2冊同時に脱稿となった。
「体系化学C&D 定量化学篇」テキスト 112ページと、
「体系化学C&D 定性化学篇」テキスト 248ページである。

これには、2006年から2018年までの13年分のセンター試験の問題のすべてと
私立医学部入試の良問を取り込んである。その意味で、従来の内部テキストから大幅にページ数が増えた。
・・・この一ヶ月、「ゆとり」から「先祖返り」へ(ここ数回のブログ参照)の10数年を
センター試験の出題を通して歩き直してみたことである。

センター試験化学の範囲が拡大し、そのまま私立医学部の学びと重なるにおよび、
センター試験の30数年分の蓄積は、化学のあらゆる範囲を万遍なく問うことのできる
「良問の森」(?)が形成された感がある。
かつての共通一次・センター試験では、問題作成範囲が限定され、
そのまま私立医学部の対策に資することはできなかったが、いまや、センター試験の学びが、
私立医学部受験のチャンネルを増やすことにもなっている。

今年のGHS生は、化学の学びを、定量と定性という二本柱を相互に行き来しつつ学べるという
特典が与えられるわけである。

本年は30数名の総人数少数ながら、実数で10名余の医学生を送り出した。
にもかかわらず、ますますパワーアップ。
・・・・・・同じことをやっていると私自身が飽きてしまうので・・・
泳ぎつづける、登りつづける、掘りつづける。
さて、来週4/8は開講に先立つ恒例の「プレ講座」(実質、フライング講座である)で、
新しい顔とファースト・コンタクトを果たすこととなる。
今年も、もっと、愉しませてくれよ〜!!
posted by Koujin Amano at 19:33| 体系化学

2018年03月03日

[115] 次年度計画、早くも確定!!

満席! 満席!! 春事異聞
 GHSのHPにて周知のことと思われるが、昨年、募集締切が
最速の3/15であったという記録を彼方に追いやるごとく、
総人数が35名という少人数とはいえ早くもほぼ定員一杯となり、
新規募集は一時打ち切り、塾長面談は受付停止状態となっている。
国立前期の発表もまだ・・・春まだ浅いというのに。

今や、GHS昼間部は理系オンリー、医歯薬志望者のみという
状態となっている。私立医学部の難化に一層の拍車がかかり、
ゆとり教育とやらは遥か彼方、受験生が戦って勝てる武器をもつしかないと悟り、
本物志向に目覚めたということであろう。ネット時代がそれを後押ししている。

GHSは、他の同業者の威勢のいい美文宣伝とか、
どうにも胡散臭い高合格率宣伝とは一線も二線も画し、
実際のテキストまで惜しげも無くしっかりと公開し、
(・・・公開しても簡単には追随はできないとの自負があるからであるが・・・)
このメソッドに「共鳴したものだけ来て欲しい」というスタンスである。
しっかりと教育内容まで吟味して、決断してきてくれる生徒ばかりだから、
断る理由がなくてどうしても、申し込み順になってしまう。
GHSは、1993の開校以来、時々の風潮がどうあろうと、
指導要領や試験制度がどうコロコロ変わろうが、
符合も迎合もせずに、受験のあるべき姿を追究してきた。
それだけであり、不遜な言い方をすれば、ようやくにして
「時代がそ本物を求めるようになってきた」にすぎない。
もちろん、GHSにとってそれゆえ不遇の時期、生徒集めに苦労する時代も
あったことを付記しておきたい。

次年度カリキュラム
 そんなこんなで、昨日、一ヶ月ぶりにGHSを訪ねて、
今年の生徒の戦いぶりと嬉しい成果を知り、さらに、
次年度のカリキュラム・時間割の概要を決めてきた。
これも例年より一ヶ月早い動きである。
要点だけ記しておくと、来年度は私は基本的には体系物理の授業から
手を引く、というか次世代の英才に完全に任せることにした。
おそらく関わるとしても夏期講習などで、テーマを選んで
「特講」を好きなようにやりたいようにやる、というだけになろう。
その空いた分は、もちろん第一に予告どおり漢文の市川モードにスイッチし、
新たに創作したテキストで、新たな企てをする(漢文ブログ参照)ことにした。
また、物理をやらなくて済む分、集大成段階にきている化学アドバンス演習が、
さらなる衣装をまとって登場することになるだろう。

開講まであと一ヶ月余、さて、次は何に没頭してみようか。
posted by Koujin Amano at 21:50| 体系化学