2017年03月18日

[102] 想い出の記 / T君&Y君のこと

先日、GHSで新年度に向けてファイルの整理や掃除をしていると、
今年、難関の医学部に合格したY君、T君がちょうどやってきたので、
直接報告を聞くことができた。

両君は今年の ‘大成長株’ である。その成長の意味は、
「各人の出身高校は、毎年の東大・医学部合格者は0 or 1名」という
一応の「進学校」であり、そこからの逆転合格であるからである。

「ここであなたも逆転合格!!」というTOPのフレーズはダテではない。

その高校の先生方にはこの事態は想定外のまた外なのであろうが、
高校にとってはこの進学実績は、まさにタナボタもの。
「高校に報告にいったら、知らない先生からも握手されました……」と。
先生にしてみれば、
「ウチから医学部なんて無謀だからやめなさい。
 君は医学部の難しさを知らないんだよ。国立?とんでもない、
 二浪しても無理!!……と昨年断言したが、一浪で国立合格??
 ……まあ、とにかくめでたい!!」というところであろうか。
この間に両君に何が起こったのかは、知る由もなかろう。


前回、前々回と書いたから具体的には繰り返さないが、
医学部は私立も国立も半端なく難関になった。
しっかりとした、本物の学力がないとひっかかりもしない時代になった。

こういう時代の中で、GHSを嗅ぎ分け、ここに辿り着いた、この二人の強運と、
こんな二人に出会い「無謀な」夢を、叶えてやれた我々の幸運を歓びたい。

もっとも、GHSにくれば誰でも奇跡がおこる、
などという誇大宣伝をしたいのではない。
むしろ、メインのテーマは、同じようにGHSで授業を受け、
同じように指導されても、「成長株」になれなかった人もいるということ、
その分かれ目は何なのか、
それを二人の一年を振り返って、考えてみたい。

やる気の内実
HPのQ&Aにもあるとおり、GHSは「やる気にさせる予備校」ではない。
元々、たいしたやる気も覚悟もない者が、こんなに難しい医学部なんて
いけるはずがない。問題外である。
それこそ、何年かかっても無理なのでハナからやめておきなさい。
親の方がやる気満々でも、本人がそうでもなければムリ。
むしろ、「この子にまかせてます」という親でありたい。

GHSは、やる気があるのに、指導者に恵まれず、
低迷し、道を求めている人を引き上げる予備校である。

だが、問題はその「やる気」の違いである。
この時期、誰もがやる気である。
「あと一年ある、頑張るぞー!!」と誰でも思う。
そして、スタードダッシュの勉強の毎日。
そこまでは誰もが一線。
「今年度の生徒はみな頑張っているね」と。

だが、これは残念ながら「やる気」ではない。
指導をはじめて、三ヶ月も経つと、各科目もある程度進度がでて、
高校一二年生レベルの復習は終わり、知識も膨大になりかける。
このときに、最初の試練が訪れる。
人間関係がどうだとか、体調がどうだとか、通学がどうだとか……
大きな目的を達成するのにどうでもいい理由をつけ始めたら黄信号である。
やる気とは、そんな些事に見向きもしないで前進する姿に宿る。

そんなとき、頑張り続ける意志を「やる気」という。
やる気は、行動と事実で示すものであり、
「やる気があります」と宣言することではない。

この二人は、寡黙ながらも、その「やる気」を行動で示しつづけた。
健康管理・時間管理をしっかりして、授業に出つづけて、
いつまでにこれをやれ、といったことを言った通りやる。
その意志の持続をこそ「やる気」というのだ。

そうすると、「体系的な頭の働き」という救いの手が差し伸べられる。
膨大に見える知識でも、それをしっかりと頭に入れるための
GHSの「魔法の杖」だ。
「要するに化学計算なんて、みな同じじゃないか、
 そうか、やっぱり一つがすべてってことなんだ!!」と。

こんな本物のやる気を支えるものは、一人一人違うもの。
なんでもいい。
生まれながらに背負ってしまったものを払拭するためでもよい。
亡くなった者の夢を自分が叶えるためでもよい。
自分を見限った担任を見返してやりたいという執念でもよい。
・・・・・・・
いずれにしても、自らの運命を切り開くにたる、
重い扉をこじ開けようとする「諦めない心」を支えてくれる核となる。

ただ、やる気は他から与えてもらうものではない。
サボるときもそれが口実になるのだから。

でも残念ながら、何年も新年度生を見続けていても、
その「やる気」がこの時点で本物かの判断はなかなか当たらない。
秘めた闘志や、ここぞというときの粘りづよさは見えにくいもの。
三ヶ月たってようやく見えてくる。
半年もたてば、GHSのメソッドが効いてきたことがわかる。
そこから、文字通り脇目もふらず、毎日自習室で、自分と戦った
二人のやる気をみていると、当然の結果であると思う。

そんな二人に、とにかく、オメデトウ。
posted by Koujin Amano at 15:39| GHS卒生