2018年02月24日

[114] センター試験 大きな弧を描きて

昨今のセンター試験の、つまりは・・・
 前回、共通一次試験からの流れを概説しておいたが、
その結論は、理系の理科に関しては、
     「センター試験用の勉強は不要なり」
という逆説的なものであった。
その理由を物理を例に、端的に述べれば、
センター試験のための範囲制限 (かつての物理Iなど)がなくなり、
出題範囲は「物理全体」となったこと。
マーク式と記述式の違いがあるだけで、「やや難+標準+易」とりまぜた、
バランスセットとなっていること。
したがってこのままマーク式の私立医学部の入試とならべても遜色ないこと。

かつては、平均点を揃えるために「センター試験らしい問題」と揶揄された、
「文系にも解けるように」と配慮した問題作りが姿を消した。
文系と線引きしたことにより、遠慮なき「ふつうの理系の物理の問題」となった。
しかも、選択式であるから、キチンと答えがでるように、数学的にも、使用文字にも
配慮がしてあるので、むしろ、適切な演習問題素材となっている。

これはすなわち、まともに物理を学んで、記述式の答案をつくれる実力を涵養することを
第一義とすればよいということで、センターだの私大だの、二次だのいわなくても、
物理全体をまともにやればよい、という環境になってきたのである。

こういう話をすると、共通一次より前の世代の方なら、あれ?と思う起こすかもしれない。
一次試験がマーク式で、理系は、物理や化学は全範囲、社会も選択する必要がある・・・

大きな弧を描きて
なんだ、これは、共通一次試験導入の前に、東大が独自でやっていたのと同じじゃないか?
・・・私も知らないかつてだが、東大入試にはその昔、選択式主体の一次試験があり、
センター試験と同様に、理系でも国語や社会も選択必須、理科二科目は全範囲、
それを突破すると、二次試験が受けられる、という独自の2段階選抜であった。
現時点から、30数年前を見遥かしてみれば、なんのことはない、
センター試験は大きな弧を描いて、かつての東大2段階選抜入試スタイルへと回帰したのだ。
もちろん、数学や理科には、文系・理系での区別がなされていた。

そもそも「共通一次試験」の「共通」たる所以は、
「文系理系を問わず高卒程度として共通の・・・」という点にあったから、
理科科目は、全範囲にするわけには行かず、そのため全体を共通試験用に分割して、
たとえば化学IとIIとし、文理の共通部分をつくったのである。
(ならば世界史や日本史も分割してもよかったが、歴史だけにさすがに分割できず、
こちらの対応は今に至るまでない。理系は「基礎日本史」とか「基礎歴史」にして、
中学歴史+αのような科目にすれば、理系の学力の底上げもできようかと・・・。
今ようやく、わずならがらそういう動きもあるようだが・・・・。)

文系・理系の区別なく共通の試験をという大義が、試験制度をぐらつかせてきたと言えよう。
「文系でも化学や物理で点が取れるように、問題をセンター試験らしく(易しく)する」
それでもだめならと、「IとIIの線引きを変えて、センター試験の範囲を絞り内容を希薄にする」
・・・これらは「ゆとり」という隠れ蓑の下で、正当化されてきた結果、
一時は、化学の計算問題がほとんどつくれないような所まで骨抜き状態の苦しい(貧しい)出題内容だった。
これは逆からいうと、理系が理系として試されていないという意味で「悪平等」といえる。
「共通」の意味を履き違えた結果の不平等であることに気づくのにどれほどかかったか。

遅きに失したかもしれないが、とにかく「ゆとり」の時代からの掌返しの反省期に入り、
少なくとも、理科科目は、理系にとっては手応えのある、実力勝負の出題となった。
文系のことなど考えなくて良いから、私立医学部でも採用したくなるような
難易度と範囲の試験となった。だから今は、センター試験利用で医学部に入れる定員枠が
各私立大学にある。国立志望者でこのルートから私立医学部に入ったGHS卒生も少なからず。
各大学がオリジナル問題を作成・採点する労力と人材の不足から、
やがては私立医学部を中心に、「国立・私立共通試験」となるやもしれない様相である。
文科省も(林くんも) 新たな「共通」の意味を見つけたり、でいいのではないか。

自分らの受験時代は、心のどこかで「センター試験用の理科や数学」といった色眼鏡をかけ、
それなりの対策をする、ということに時間を割いたものであるが、今は昔、
理科科目が先駆けとなって、そのうち、センター数学に数IIIまで出る本格的な「理系数学」が
登場するのではないか。それでいいではないか。理系なのだから、「ゲタ」はいらない。
逆に、英語はセンター試験から外していいだろう。
英語という語学と、英語という科目は違う。
今のような語学レベルの英語の試験なら、民間資格試験で十分代用できる。

もっとも、国語は文理共通でよい。「共通」という概念を貫くべきはここしかない
それで十分ではないか。理系用の国語などつくって甘やかしたら、
まちがいなく理系としてのレベルが下がる。国語につよい理系こそ本物である、
・・・という姿勢は(GHSを見倣って ⌒-⌒; )堅持すべきである。

そもそも、理科科目のように、文理で区別すべきところを「共通」としたことに
根本矛盾があり、30余年の紆余曲折を経て、ようやく「答え」に辿り着こうとしている。
その意味でも、化学も物理もセンター試験での高得点目指すことと、
GHSでの各科目のまっとうな学び、体系的な学びとがさらによくシンクロするはずだ。

私立医学部志望者も同じ学びでよい。センター用の物理化学もなければ、
私立医科学部用の物理化学もない、そんなバカげた「対策」商品が流通した受験界でも
ようやく浄化作用が働くのではないか。
posted by Koujin Amano at 14:56| 入試制度