2019年05月28日

[125] 『体系物理・法則公式 読本』執筆了、遂に引退?!

物理のことばかりで・・・
 体系化学ブログと言いながら、物理の話続きで恐縮だが、
ここでしっかりと幕を引かないと、体系化学アドバンスへと漕ぎ出せないので、
三月このかた、『体系物理・読本』を書き続けてきた。
前回のブログに書いたので、簡単に述べるが、これまでGHSでやってきた
授業の内容のデータ化であり、体系物理の教科書作りである。

何が大変って、パソコンで図を描くのがかなり手間である。
黒板に、チョークで描けば1分もかからない図が、バソコンで描くと
30分くらいかかったりする。
Mathtypeで数式を打ち込むのも、大きさやフォントを一つ一つ指定すると、
それなりに手間がかかり、手書きの方が絶対に早い。

だから、これまでの体系物理のテキストには、そういう面倒なことは板書するつもりで、
ブランクにした書き込み式にしていたわけである。

ところが、田川先生に任せて、私自身が講義しないとなれば、
そうはいかない。長年にわたって回避し続けていたこの面倒な作業を、
それこそコツコツと続けて、三ヶ月弱で、ようやくすべての数式と図版を書き終えた。

病院勤務というのは、忙しいようで、細切れの業務が多く、ポツポツと空き時間が生じるものである。
その時間にコーヒーで一服したり、医局のソファにゴロッとしてみたり、ネット検索したり、と
ドクターは名々、各々、気分リフレッシュを図り、また電話が鳴ってということを繰り返す。

だから、私も、コーヒー傍に、数式一つ代入したら病棟で一仕事、
図を書きかけたら呼ばれてICへ、・・・カンファへ・・・回診へ・・・
逆説的ではあるが、こういう面倒な作業は根を詰めてやるよりも、
こんな細切れでやった方が捗るもんだと気付いてから、かなりのペースで進むようになった。
のべ1時間もかかった図もあったが、これとて10分ずつのインターバル
(まあ、休憩や息抜きにはなっていないが)を重ねていくと、
案外すごく凝ったものができてしまったりして、
結果的には、板書していた図よりもスゴいものが描けたので、
自分的には大満足の出来である。

全ての図版は、mac Word 2016で描いているが、一昔前までのように、
特に挿画ソフトなどを使わなくても、物理的な図版くらいは、
易々と描けるようにバージョンアップしてくれたことが、今回の大きな原動力となった。
これをやり終えないと、先に進めないという思いと、
ここでやり切らないと、体系物理テキストが、基本書できないままで終わる、
という思いが絡み合ってようやく山を越えられた。


電磁気は手強くて
 もっとも手間ヒマ労力精力がかかったのは、やはり第3章の電磁気編である。
これが、先々週の火曜日発注できて、GHSには先週、ようやく生徒の手に渡ったわけであるが、
体系物理の授業は、熱力学がそろそろ終わりかけているので、電気磁気を予習できるタイミングに
間に合ってよかったと思う。
そして、ようやく第4章の波動編まで書き上げ、原稿チェックを経て、本日発注した。
来週中には、GHS生の手に届けられる。やれやれ、フゥ〜 ε-(´∀`; )

実は、電磁気だけで100ページになった。
第一部は、力学と熱力学合わせて140ページであったから、
やはり、入試物理のメインディッシュは、電磁気であると言えよう。
そして波動が70ページほど。全部合わせると、315ページになった。

最終的には、一冊にまとめて、GHS体系物理の基本書とするつもりなので、
3分冊にしたテキストは、あくまでも今年の生徒用であり、細かな校正をするための
試作品的位置付けであるから、少部数しか作っていないので、
部外者の方は、今回希望されても頒布する余裕はないと思う。

夏期期間中ないしは、開けを目処に、最終的な修正などを施して、
一冊にまとめて印刷製本の予定であるので、もし、ご希望の方がいれば、
そこまで待っていただきたいと思う。

その際は、またこの場でおしらせします。
posted by Koujin Amano at 13:20| 体系物理